2017年11月13日月曜日

新人業務研修会を終えて

11月11日、12日。

愛知会の直近1年余の新人22名を西区浅間町の会館に迎え、秋晴れのもと、最寄りの幅下公園に於いては、地主役の役員相手に立会体験等、受講していただきました。

先週8日は、土地家屋調査士試験の合格者発表があり、今回403名中、81名もの名古屋会場で中部6県の合格者が輩出されたようです。8%相当の難関の門を通り抜けたみなさん、おめでとう。

そしてこの内、半数(42名!)が愛知会新人となって、来年の研修会を受講されるのであれば、もっと広い公園借用を検討することにしましょうか。

 嬉しい役員の悲鳴が聞こえます。

 

 研修会では、野口規さんから適正な業務と正当な報酬、古垰滿君から基準点測量の必要性、服部修司副会長から数値資料のある地域の土地境界について、江口滋さんから数値資料のない地域の土地境界について、をはじめ、熱い先輩役員からの講義に熱心に聴きいっていただけた事を、ご報告。

 愛知会独自の新人立会研修では、厄介な地主の登場に対応してみて、31才~68才の様々な新規登録会員達も、新鮮な2日間が体験できたことでしょう。


2017年11月7日火曜日

温故知新 昭和26年

平成29年10月24日、名誉会員加藤幹男先生がお亡くなりになられました。享年95歳。大正12年のお生まれでした。
 現在は西支部にて、かつての事務所を、ご子息が調・司合同事務所を営んでおられます。平成の初め。愛知会は、450名の会員の集まっていた本局支部を3分割。岡崎と豊田を支部2分割するという施策をとり、この時、ラスト支部長として、東・北・西支部に分割する、いわば混乱をぐいぐいととりまとめていただいたのが加藤幹さん(失礼ながら、当時より幹さんと呼称させていただいていました。)でした。酒席に移るやいなや、当時より両手をパンパンと叩きまくり「俺について来い!」と一喝し、多くの不平や不満を見事におさえられた笑顔が忘れられません。
 
 愛知会は、かつての大先輩、成澤千勝元会長、その先代の三原荘一元会長も、名誉会員でした。成澤先生はまだ、ご家族の元でご健在とうかがっています。松坂輝男先生も、私直樹の地元中区の大先輩、株式会社オオバ役員もなされていた名誉会員でした。
 
 先輩方に開墾していただいた圃場で、私共は禄を食んでいます。これからは、自ら耕していかなければならない。
 それが、表示登記申請頼みではない土地家屋調査士業務領域の外に出よという、私なりの3条業務外を考えること。
 
 事務局整理の際、佐々木事務局長に、興味深い昭和26年当時の広報誌を見つけていただきました。
 会員Kはどなたでしょう?御存知の方、ご教示ください。66年前の記事です


2017年11月2日木曜日

タウンミーティングにて、そして更なる情報公開


 しばらく、シャープペンが停まっていました。

 私、直樹は、このブログも含め、原稿は全て手書き・アナログ派です。口頭にて、直接対話する方が言いたいこと、伝えさせていただきたいことを理解していただけると思っています。

 本日現在。愛知会11支部中4ヶ所をまわらせていただき、主に本会の財務状況と、会費をどのような形で負担していただくのが公平なのか。

 対話を続けています。

 無論、支出と収入の両面から財政は考えなければなりません。

 

 愛知会の広報誌・会務通信は、現在愛知会会員のみ読むことが出来ます。このブログをお読みいただける同じ環境にはありません。近々、パスワードをはさむことなく、一般公開する指示を関係部署にいたしました。

 機関決定を経た上で、広く、私達の活動を公開していこうと考えています。

内部広報誌に絞って、永年発行してきた経緯は熟知しています。ひとつの転換を会長指示にて行なっていきます。

ひとつは、内部の財政のことを1100名余の輪の中でケンケンガクガク模索中である現状が一般公開できなかった原因でしょう。

 私共土地家屋調査士会は、公器です。

 自分達の資格者職能組織である前に、国民、市民のみなさんの為に法がたちあげた団体です。

内部機関誌故に、直近の号にて本会役員の執筆記事の中、公益社団法人愛知県公共嘱託登記土地家屋調査士協会のみなさんに対して、失礼な表現となる不十分な校閲を行なってしまいました。

 会長の私は謝罪をさせていただきます。この場をもって、協会社員のみなさんに深くお詫び申しあげます。(正式謝罪は、次号をもって出稿いたします。)

 

私は、この組織の中で対話を重ねていきます。国民、市民のみなさんに自身をもって情報公開できるよう、努めていきます。

2017年10月16日月曜日

宅建業取引と土地家屋調査士


愛知県内で不動産を売却、購入される方。住宅を建てられる中でも、建売住宅、売建住宅、中古住宅、マンションを売ったり、買ったりする時、どのようなケースでも私共土地家屋調査士が関与させていただきます。

 店舗、事務所、ビルを売り買いだけでなく、旧家屋を解体し、新たに建築しようとする時、敷地上の過去、現在、未来を私共がチェックし、境界線が不明確であれば、必ず、確定用測量を行なわせていただいています。

 いわゆる宅建業取引に調査士の存在は、極めて高いものなのです。

 

不動産屋さん。イコール宅地建物取引業者の方々を介して、みなさんはケースに応じて土地家屋調査士に対し、一定の登記、測量、業務を発注されます。

 「宅建業者さんと司法書士さんは覚えているが、調査士さんとはいつ頃、何を頼んだっけなァ。」そんな声を聴くことがあります。

 残念ながら、資格名の知名度がやや低いことは、事実認めます。けれど、宅建業取引といった場面において、私共とお客様は、もっとお話をして所有(してきた・しようとする)土地に関する情報を交換するべきであり、宅建業者さん経由で登記・測量の成果=私共の商品をお受け取りいただくのではなく、ただでさえ高価な不動産の取引なのですから、直接の商品説明をお尋ねいただきたい。

 解説させていただくべきだと、私共は考えています。

 売り買いが終わり、権利書(登記識別情報)は大切に保管いただく時に、売買契約書は、一緒にしまってくださいね。

 そして土地家屋調査士の作成した測量・登記成果物も、後日、事が起きた時にかなりの頻度で必要となるのですよ!

 

どんな事が起きるのか?

それこそ、お近くの土地家屋調査士にお尋ねください。

2017年10月12日木曜日

土地問題について発言権あり。


 土地家屋調査士は、境界問題の専門家です。加えて土地に関するコンサルタントでなければいけないと私は思います。

 新聞やテレビで、所有者不明土地、相続未了土地、空家問題における昭和56年5月31日以前の旧耐震家屋に関する、必要となるであろう知見。毎日のように報道されています。

 私達は、土地所有者、家屋オーナーのみなさんと、毎日会話をさせていただく機会をもっています。土地所有者であるみなさんにとって、境界立会という、折角、わざわざ設営してくれた現地で、私達に尋ねてみたいですよね。

 

 「何の資格かよくわからんが、法務省の国家資格者なんだから、少なくともこの辺りの不動産の最新の知識を持っていりゃあすなら、ちょっと教えてまえんかね?」

「折角、土地の話をやりにいりゃあたんだから、まァちぃと、専門的な不動産情報について、どうだね。ワタシ等みたいなモンと、オタクは違うだで、話してくれんかね?」

 

 たしかに正しい情報は、新聞を余程読みこんだとしても、なかなか将来の予測をできるものではありません。難しい近未来です。

 

 しかし、例えば2022年、平成34年の生産緑地の指定解除については、最低限お伝えできるくらい、専門家として、恐らく勉強しているのが土地家屋調査士です。そうであるべきです。

昭和22年~24年に誕生された団塊の世代がここ数年古希を迎えられる=団塊世代の近々、75歳を超えて後期高齢者入りと共に、2025年以降は大量の土地相続が発生することも、それなりに勉強した私達が現場で少しばかり解説させていただきましょう。

 

 2020年代は、地価崩壊の時代です。つかの間の地価上昇は、東京オリンピックの前で終焉を迎えます。と、オドロオドロしい事を言うばかりではなく、もっと細かい土地情報を自前で勉強して、境界立会の際に、すくなくともコメントするのが私達です。

 

愛知県は、トヨタ自動車が頑張っていてくれる。この先も半永久的に人口減は無い?色々興味ある話がお伝え出来る機会。それが境界立会であるべきです。

生産緑地は、三大都市圏オンリーの30年満期問題ですが・・・。

 

東京都  3296.4ha

千葉県  1175.3ha

埼玉県  1792.8ha

神奈川県 1380.2ha

 

大阪府  2068.0ha

京都府   837.1ha

 

そして  愛知県  1165.9ha

そして名古屋市内は、275.3ha

出 所:国土交通省(2015年3月現在)

これが50%、宅地化する可能性大の生産緑地面積です。

 

 今年4月、生産緑地改正法案が成立し、特定生産緑地は、買い取り申し出時期を、10年先延ばし出来るようにもなりました。面積要件も500㎡から300㎡へ。刻々とその時が迫ってきています。

 

 平成4年の生産緑地法改正による制度の30年満期問題について、土地家屋調査士は、知識をもって境界立会にのぞんでいる・・・筈です。

 

 ハードルは自ら高く設定し、勉強を始める。あたり前の周辺知識。愛知会のみなさん。学んでおいてください。県民・市民のみなさんが、期待されて待っておみえです。

 

 境界のことしか話せないでは、立会はうまくいかない・・・これは常識です。

2017年9月30日土曜日

がん治療について


NHKの「がんを生きる新常識」という特集番組をみた感想を書かせていただきます。

 

私事にて恐縮ですが、3年半前に喉頭癌が発症し、抗がん剤投与・放射能治療で66日間入院しました。

早期発見でした。ほぼ同時期にモーニング娘で有名なつんくさんも全く同じ箇所を患いました。

朝、採血の後、総合病院の地下1階、放射線ルームのベンチに座り、照射の順番を待っていた頃がドン底でした。

平然と癌は治ります。と言われます。しかし不安はぬぐえるものではありませんでした。手術は回避して、退院後ほぼ3年を経過した今も、癌は他人事ではありません。

 

 

インフォムードコンセントとはお医者さんによる、病状や治療方針を分かりやすく説明した上での同意、のこと。土地家屋調査士も、或る意味で、境界のお医者さん。

 

主治医の先生のひと言、ひと言は今でもしっかり耳にのこっています。私共とて境界に関するわかりやすい説明が大切です。

 

ちなみに、番組全編、司会の坂上忍さんが笑いを交えながら明るい構成で癌をとりあげていました。

当然、病気と死は隣り合わせです。私も体験した以上再発を常に覚悟して、今、仕事を続けています。

会長職を担当し、全力投球できる現在の身体に感謝している自分です。

人である以上、いつ侵されるかわからない。一件ずつの土地家屋調査士の仕事を大切に。会務と同様、大切に務めてまいります。

 

PS.林家

   林家木久扇師匠も、この年のどの癌を患いました。師匠は自宅から通院2ヶ月。私は入院中でも、平日は日中ほぼ仕事を続けていました。明るく積極的な姿勢でのぞむ治療が特攻薬とうかがった次第・・・。

2017年9月27日水曜日

秋の夜長


現在、愛知会内11支部を訪ね、夜2時間を目途にタウンミーティングを始めさせてもらっています。

伊藤直樹独演会に極力ならぬよう配慮しても、質問をいただけないと対話が成立しません。

 毎回、反省しながら、熱意をこめて集会をすすめていきます。

 

テーマは、財源見直し=会費の値上げ、その支出目的です。

サブテーマに選挙制度も案内しています。

資格組織の会費徴収は、何が平等か、公平か。売上げ、利益(所得)に対する応能、応益負担を導入することを、私は公平と考えます。

 

 会員しか閲覧できないホームページ内の議論も拝察しながら、秋の夜長を疾走します。

今回は短縮ブログです。